合評会『食う、食われる、食いあう:マルチスピーシーズ民族誌の思考』 

2月に広大の合評会でコメントさせていただくことになりました。ホットな課題で、人間以上の民族誌を一緒に考えることは楽しみです。

第55回中四国人類学談話会 合評会『食う、食われる、食いあう:マルチスピーシーズ民族誌の思考』
関連URL:http://www.jasca.org/meetings/meeting.html#chushikoku

第59回マルチスピーシーズ人類学研究会との共催
関連URL:https://www2.rikkyo.ac.jp/web/katsumiokuno/multi-species-workshop59.html  

日時:2022年2月5日(土)14:00-16:30

開催方法:オンライン(ZOOM)
※主催者と登壇者のみ対面で実施いたします。

概要

神戸大学の近藤祉秋さん、広島大学の吉田真理子さんをお招きし、お二人の編著『食う、食われる、食いあう:マルチスピーシーズ民族誌の思考』(2021年10月刊行、青土社)の合評会を行います。  

マルチスピーシーズ民族誌は、「人間と他種(さらには生物種にとどまらず、ウィルス、機械、モノ、精霊、地形も含む)の絡まりあいから人間とは何かを再考する分析枠組み」(p13)であり、現代人類学において影響力のあるアプローチの一つであると言えます。本書の序章では、この人類学の方法自体が科学技術社会論、人文地理学、政治生態学など複数の研究潮流の絡まりあいの中で躍動的に展開していること、それゆえに他の研究分野を触発しうる可能性を大いに持つことが力強い言葉で示されています。

本談話会では、評者としてモハーチ・ゲルゲイさん(大阪大学)、福永真弓さん(東京大学)、山田俊弘さん(広島大学)の3名をお招きし、それぞれ科学人類学、環境社会学、そして生態学の立場からコメントをいただきます。分野を超えた自由な対話の中で、マルチスピーシーズ民族誌が私たちにいかなる「思考の糧」を与えてくれるのか、欧米を中心に発展してきたこの手法と日本国内の学術的議論の関係にも目配りしつつ、改めて考える機会としたいと思います。

プログラム

14: 00~14: 05 開会挨拶
14: 05~14: 15 近藤祉秋(神戸大学)・吉田真理子(広島大学)「趣旨説明」
14: 15~14: 30 モハーチ・ゲルゲイ(大阪大学)「人類学・STSから」
14: 30~14: 45 福永真弓(東京大学)「環境社会学から」
14: 45~15: 00 山田俊弘(広島大学)「生態学から」
15: 00~15: 10 休憩
15: 10~15: 45 編者・執筆者からのリプライ
15: 45~16: 30 総合討論


The 8th Kyosei Studies Colloquium (Osaka University)

We organised this colloquium with my colleague at Osaka University Kimura Yumi to finally bring in nonhumans into the ongoing conversations about kyosei. Might be too early (or too late?), but he work of Scott Simon from Ottawa University and Kosaka Yasuyuki from Kyoto University will for sure have many interesting interferences and hopefully some of our anthropocentric friends will bring something home from the event. 

MULTISPECIES MEETS KYOSEI: Plants, Birds and People

Time: Thursday, January 25, 2018, 17:00-19:00
Place: Osaka University, School of Human Sciences, Learning Commons Room
Organiser: Mohácsi Gergely, Kimura Yumi

Continue reading

エドゥアルド・ヴィヴェイロス・デ・カストロ特集号(『思想』)刊行

エドゥアルド・ヴィヴェイロス・デ・カストロ特集号(『思想』)刊行

『思想』エドゥアルド・ヴィヴェイロス・デ・カストロ特集号に寄稿したエッセイが刊行。VdCへの歓喜…と思ったら…ちょっと違います。実は、「糖尿病」と「ミミズ」をつなげて、いや、互いに畳み込み合え、代謝の効果を考え続けるという内容(よく分からないと思ってる方、ぜひエッセーを読んでみてください)。特集全体もややこだわった試みです。フランスと日本とブラジルを結びつけることで、哲学を人類学するような試行錯誤。檜垣立哉先生、 山崎吾郎さん、そして編集部のみなさま、お誘い・特集の編集、ありがとうございました!

Continue reading

第51回日本文化人類学会研究大会(神戸大学)

この前、トロント大学で英語で発表した内容を少しブラッシュアップし、人新世のテーマにより近づけて、人類学大会で発表することになります。3年ぶりの大会発表です。新しい研究調査について初めて日本語で議論できることを楽しみにしています。

「人新世(anthropocene)」を問う——日本の人類学からの応 答可能性の探求 (分科会)

◼︎ 日時:2017年5月27日(土)9:30-11:55
◼︎ 場所 :神戸大学大学院国際文化学研究科、C会場(B201)
◼︎ 代表者 :鈴木和歌奈 (京都大学)
◼︎ コメンテーター :田辺明生(東京大学)
 .
  1.  森田敦郎「「惑星的なもの」の台頭―「環境-科学-開発」連関としての「人新世」とそのインフラストラクチャー」
  2. 鈴木和歌奈「細胞が作り出す「ニッチ」―再生医療プロジェクトの事例から」
  3. モハーチ・ゲルゲイ「廃墟を耕す―生薬栽培における人間と植物の共生をめぐって」
  4. 大村敬一「多重地球の生態学に向けて―イヌイトの未来からアンソロポシーンを問う」
  5. フィッシュ・マイケル「Remediating Ecology in the Age of the Anthropocene」