気候変動時代における「人間」を問う:人新世と人間科学

人間科学サミットin OSAKA|「人間科学を知ろう」

 2022年 大阪大学人間科学部創立50周年

  • オーガナイザー:モハーチ ゲルゲイ(大阪大学人間科学研究科)
  • 日時:2022年12月3日(土曜)13:15~15:15
  • 場所:大阪市中央公会堂、1F 大集会室
  • キーワード:人新世、草の根の社会運動、気候変動、レジリエンス、環境人間科学

概要:可能な世界を目指す草の根の社会運動の関係に焦点を当てて、〈惑星的なもの〉と〈人間的なもの〉の間の変化する関係を探ることを試みる。地球そのものが人間の生息環境となるという歴史的な変革を概説してから、気候変動にともなう社会生態系の崩壊と再生の事例を踏まえて、大阪大学オムニサイト(OOS)プロジェクトとして活躍する「工藝の森」という取り組みについて紹介する。最後のラウンドテーブルでは、オーガナイザーと発表者5名が、気候変動時代における人間科学の課題と可能性について討論を行う。

【メッセージ】

「環境問題は若者が関心を持っているテーマだと私は思います。環境汚染、生物多様性、気候変動なら工学や自然科学を学ぶということを考える学生のみなさんには、人間科学も視野に入れてほしい。人間科学においても、環境や生態系に対する意識は近年の研究動向として無視できないものになっています。今回のシンポジウムはこのような研究動向を紹介しますので、環境問題に興味を持つみなさんにぜひ来ていただきたいと思います。」(モハーチ ゲルゲイ)

【プログラム】

13:15~13:30 挨拶・趣旨説明(※日本語)

モハーチ ゲルゲイ(大阪大学人間科学研究科・准教授)

13:30~13:55 話題提供① 思想としての地球|Planetary Visions(※English)

Anders Blok (U of Copenhagen, Dept of Sociology, Associate Professor)

13:55~14:20 話題提供② ローカルな実験|Local Experiments(※日本語)

ケミクスィズ アスル(大阪大学人間科学研究科・特任研究員)

14:20~14:45 事例紹介③ 物質と循環型社会|Material Flows(※日本語)

高室 幸子(一般社団法人パースペクティブ 共同代表)

森田 敦郎(大阪大学人間科学研究科・教授)  

14:45~15:15 討論 気候変動時代における人間科学の課題と可能性(※日本語&English)

I 思想としての地球|Planetary Visions

Eventful Anthropocene: On contingent temporalities of urban-ecological activism in times of climate change

Anders Blok (U of Copenhagen, Dept of Sociology, Associate Professor

ABSTRACT: The notion of the Anthropocene has given rise to widely divergent interpretations and responses in socio-cultural theory. In this paper, I develop the notion of an ‘eventful’ Anthropocene, broadly following how philosopher Isabelle Stengers has presented Gaia, a figure capturing today’s planetary ecological crises, as an event in collective historicity. I develop my argument in three steps. First, drawing on work with Casper Bruun Jensen, I contrast Stengers’ approach, informed by science and technology studies (STS), to the rather more ‘event-less’ approaches to rethinking nature-culture relations found in so-called new materialism and eco-Marxism, respectively. Second, I expand on the notion of ‘the eventful’, by invoking how historian and social theorist William H. Sewell Jr. conceptualize temporality as contingent, complicated and heterogenous, and as unfolding at the intersection of multiple processes, relations and causalities. Third, I illustrate some implications of an eventful approach to the Anthropocene by drawing on a collaborate case study into urban-ecological activism in Copenhagen, Denmark, working to unearth or ‘daylight’ a nowadays channelized waterbody flowing underneath the city. Centrally at stake in this activist endeavour, I suggest, are a series of temporalities likely characteristic of Anthropocene sensibilities, coming together in efforts to recast pasts and futures beyond urban-modernist commitments. Paying attention to such Anthropocene temporalities, I conclude, provides one situated illustration of the wider learning process in which socio-cultural analysis and theory finds itself vis-à-vis the Anthropocene – one in which, as Stengers says, theoretical certainties must be put at risk anew.

Ⅱ ローカルな実験|Local Experiments

An Island Community in Crisis: The breakdown of the “local”

Asli Kemiksiz (Osaka University, Dept of Anthropology, Research Associate) 

ケミクスィズ アスル(大阪大学人間科学研究科・特任研究員)

ABSTRACT: This talk focuses on a case study of a small island in Turkey, after the simultaneous crises of environmental destruction and the Covid-19 pandemic. The Sea of Marmara is an inland sea in the Northwest of Turkey. It is connected to both the Black Sea and the Aegean (thus Mediterranean), making it an important international sea route. Due to decades of pollution, environmental damage, and sea temperatures rising, the sea had been affected by a “sea snot” or “marine mucilage” bloom of historic proportions in the summer of 2021. The marine mucilage bloom lasted for months, affecting large swathes of sea and even neighboring seas, finally sinking to the sea floor. The impact of the disaster was multifaceted, the environmental damage being the worst. But the region was also already suffering from multiple other crises including the global pandemic, which impacted the lives and livelihoods of the people immensely. So in this talk, I will introduce a tiny island called Ekinlik, which has gone through drastic changes in the last few years due to droughts, economic instability, infrastructural change, pandemic, and so on. What can we learn about the vulnerabilities of the local in face of multiple entangled anthropogenic crises? Is the breakdown of an island community just a case, or a scale model for a planetary crisis scenario? 

Ⅲ 物質と循環型社会|Material Flows

人新世の環境変化と草の根のインフラストラクチャー

森田敦郎(大阪大学人間科学研究科・教授)& 高室幸子(一般社団法人パースペクティブ 共同代表)

概要:人新世の環境変化は、主に生産活動とそれにまつわるエネルギー、輸送、廃棄などのインフラストラクチャーからもたらされている。ネットワーク状に広がるコンクリートの空間であるインフラは、自然環境を大きく改変している。モノづくり、インフラ、環境の関係を再構築し、現在の環境破壊の趨勢を逆転することは可能なのだろうか?この発表では、一般社団法人パースペクティブの「工藝の森」の取組を通して、「つくること」と環境の関係を草の根から変えていく可能性について考える。

第51回日本文化人類学会研究大会(神戸大学)

この前、トロント大学で英語で発表した内容を少しブラッシュアップし、人新世のテーマにより近づけて、人類学大会で発表することになります。3年ぶりの大会発表です。新しい研究調査について初めて日本語で議論できることを楽しみにしています。

「人新世(anthropocene)」を問う——日本の人類学からの応 答可能性の探求 (分科会)

◼︎ 日時:2017年5月27日(土)9:30-11:55
◼︎ 場所 :神戸大学大学院国際文化学研究科、C会場(B201)
◼︎ 代表者 :鈴木和歌奈 (京都大学)
◼︎ コメンテーター :田辺明生(東京大学)
 .
  1.  森田敦郎「「惑星的なもの」の台頭―「環境-科学-開発」連関としての「人新世」とそのインフラストラクチャー」
  2. 鈴木和歌奈「細胞が作り出す「ニッチ」―再生医療プロジェクトの事例から」
  3. モハーチ・ゲルゲイ「廃墟を耕す―生薬栽培における人間と植物の共生をめぐって」
  4. 大村敬一「多重地球の生態学に向けて―イヌイトの未来からアンソロポシーンを問う」
  5. フィッシュ・マイケル「Remediating Ecology in the Age of the Anthropocene」