自己紹介

このサイトは、モハーチ・ゲルゲイ(大阪大学・人間科学研究科)の研究などについて紹介するものです。基本的には英語で、たまにはハンガリー語と日本語を交えて作成するつもりです。そのため文字化けや分かりにくいことがたくさんあることをまずはご了承ください。もしくは下記までお問い合わせください: mohacska [at] me [dot] com

モハーチ  ゲルゲイ
Mohácsi Gergely

准教授
人間科学研究科
大阪大学

専門は医療人類学および科学技術社会論。これまでの研究では、慢性病(特に糖尿病)の治療を可能にする身体と医療技術との相互作用を民族誌的に検討し、日本を主な調査地として、病気の多様性を生きるという極めて現代的な状況を描き出しました。近年、ベトナムと日本における生薬の栽培および研究開発の現場でのフィールドワークを中心に、病人と健常者の共生を促進する創薬の比較研究を進めています。そこで、一方では人新世を生きる我々を取り巻くいわゆる「実験社会」(experimental society)のあり方を科学技術人類学の視点から分析しており、他方、「プラネタリーヘルス」(planetary health)という近年注目を集める観念を中心に、環境の持続性と人間の健康の両立に焦点を当てる環境衛生の草の根展開を検証しています。.

所属学会

  • 日本文化人類学会
  • 日本科学社会学会
  • American Anthropological Association (AAA)
  • Anthropology of Japan in Japan (AJJ)
  • Society for Social Studies of Science (4S)
  • 北海道社会学会
    .

近年の論文・著作

さらにご覧になる場合は、>>>ここにクリックしてください

2021 Toxic Remedies: On the cultivation of medicinal plants and urban ecologies. East Asian Science, Technology and Society 15(2): 192-210. doi: 10.1080/18752160.2021.1897738

2021 (小笠原理恵と共著)「医療とレジリエンス——新興感染症からの試論」『未来共創』第8号:123–143頁. doi: 10.50829/miraikyoso.8.0_123

2020 “Viral Scaling.” Hot Spots, Fieldsights, June 23. https://culanth.org/fieldsights/viral-scaling.  

2020「共に治す——人新世における人間と植物の共生をめぐって」『共生学宣言』栗本英世・河森正人・志水宏吉・檜垣立哉・モハーチ ゲルゲイ編、大阪大学出版会、pp. 275–294.

2017薬物効果のループ—西ハンガリーにおける臨床試験の現場から」『文化人類学』81(4): 614–631.

近年の学会発表など

さらにご覧になる場合は、>>>ここにクリックしてください.

2021 December 15, “Learning to heal the planet: The case of pharmaceutical pollution”—Paper presented at the Ecosystem Services Partnership (ESP) Asia Conference, held in Nagasaki, Japan (remote).

2021 March 5, “Fitter, Happier, More Polluted: Chronic disease and environmental drugging in Japan”—Paper presented at the Conference-Workshop Chronic Living: Quality, Vitality and Health in the 21st Century held in Copenhagen (remote).

2020 Aug 21, “Locating Matters”—Invited talk in the Subplenary at the International Conference of 4S Annual Meeting, Virtual Prague.

2019 Dec 11, “Planting the Seeds of Resilience: Medicinal plants and posthuman experiments in Japan”―Paper presented at the Conference-Workshop Republic of Plants, Institute of Technology Madras, Chennai, India.

2019 Sep 5, “Experimenting with NatureCultures.” In NatureCulture, created by Grant Jun Otsuki, Gergely Mohacsi, Miki Namba, Liv Krause, Asli Kemiksiz and Émile St-Pierre. Innovating STS Gallery Exhibit, curated by Aalok Khandekar and Kim Fortun. Annual Meeting of the Society for Social Studies of Science. New Orleans, USA.

研究プロジェクト・共同研究など

.

その他 研究紹介URL