Collaboration

.

心配と係り合いについての人類学的探求

2018~ (国立民族博物館)

「心配と係り合いについての人類学的探求」子育てや介助、癒やしや看護といった生活の様々な局面におけるケアの実践は、他者との一時的関係から生じる情動によって起動され、集合的な規範によって支持あるいは却下され、社会経済的制度によって保障あるいは排除される一連の係り合いの文脈において把握することができる。いかなる社会も、その成員が必要とする庇護や治癒を提供するための込み入った規範と制度とを備えている。しかし不確実な世界において私たちは、それら規範によって支持される見込みのない心配、制度的な保障を欠いた係り合いに常に巻き込まれている。本研究の目的は、情動と規範との間に生起する係り合いの束が、ある種の秩序/反秩序へと向かう政治的な過程を民族誌的記述として捕捉すること、またそのための方法論の確立である。その民族誌的方法は同時に、ケアに関する複合的な規範と制度、それらを結びつける諸エージェントの働きかけ、およびそこに動員される知識・技術・資源を、ある価値産出的な系として、すなわちケアの生態系として描き出すことを可能にする。

.

カネとチカラの民族誌

2018~ (国立民族博物館)

「カネとチカラの民族誌:公共性の生態学にむけて」本共同研究の目的は、「利己性」と「経済」という視点から、公共性概念に関する人類学的な考察を深めることにある。そのために、近年の情報通信技術の発展のもとで営利を追求する諸主体(企業・NGO・個人・コミュニティ等)による実践に焦点をあてる。そして利己的な主体による、生存上の必要(食・住居・教育・医療・福祉等)の充足に関わるやりとりが、公的な領域やネットワークを創発する事例に関する民族誌を比較検討する。これらの検討を通じて、グローバルな政治経済的状況における公共性をめぐる諸問題に対する人類学的な応答の方途を構想する。それは、社会が成立する保証が無い状況から、社会がいかに立ち上がるか考察することでもある。そのために本共同研究では、市民社会やその規範的価値の存在を前提視しえない状況における、①それぞれの生存を追求しようとする多様な主体による利己的な行為に焦点をあて、②物質やエネルギーの移動をともなう相互行為としての経済に注目し、③それが特定の価値や倫理を帯びた場所やネットワークを産出する事態を社会的なものの創発として捉え、その機序を検討することを通じて「公共性の生態学」を構想する。

.

Vital Experiments

2016~2019 (JSPS)

The collaborative research project “Life in the midst of Pharmaceutical Transformations” emerged from recent efforts in science studies, social history of medicine and medical anthropology to account for the complex pharmaceutical assemblages that cut across changing scientific values, traveling public health agendas and emergent technosocial orders in the aftermath of the welfare state and global medicine. We aimed to draw together various ethnographic explorations of such assemblages to unpack the entanglements of diseased bodies, medical knowledges and healthcare from a pharmaceutically grounded perspective. How do old and new medications perform the relationships and tensions between the lab and the clinic, between medical professionals and patients, and between different medical traditions in what one might call “experimental societies”? What are at stakes in such pharmaceutical entanglements after the falling apart of the universal human in biomedicine? These questions were addressed, among others, in a special issue (see here) published in the Japanese Journal of Cultural Anthropology in 2017, at an international symposium held at Kyoto University in February, 2018 and in an organized session at the 18th IUAES World Congress in Florianópolis in July, 2018.

.

ケアが生まれる

2014~2018(国立民族博物館)

「家族と社会の境界面の編成に関する人類学的研究――保育と介護の制度化/脱制度化を中心に」本研究は、保育や介護をめぐるケアを、家族と社会の境界面でやりとりされるサービスととらえ、その制度化/脱制度化のありようを、比較研究するものである。この分析を通して、人間社会は、社会と家族のインターフェースをどのように編成してきたのか、それは今後どうありうるのか展望する。子供の保育や老人・病人の介護などのケアと呼ばれるサービスは、その一部を家族の外部で、家族外の担い手によって行なうことが可能であり、制度化もされている。このサービスを公的な支援として行うのが福祉であるが、今日、その制度は見直されつつある。福祉国家で脱制度化の動きがみられる一方で、行政の施策が未発達の地域で、ネットワークを駆使した独自の制度があらわれている。『家族に介入する社会』を著したジャック・ドンズロの視点も参照しながら、個別のローカルな状況のもとにある保育や介護の、制度化/脱制度化をとらえて比較検討する。背景には、現代世界の社会像はどのように構想されるのか、という問題関心がある。社会という考え方そのものが曖昧になっている現代世界において、それでも社会をつむいでいく人々のいとなみを、人類学はどのように描いていけるだろうか。本研究は、この問題関心を「人々は他者とともに生きる社会をいかにつくっていくのか」という問いとして出発し、ケアに注目し、成果を『ケアが生まれる場——他者とともに生きる社会のために』(森 明子編、2019、ナカニシヤ出版)の編著として刊行。

.

Comparison and Relationality

2010~2014 (JSPS)

As a member of two parallel projects sponsored by the Japanese Society for the Promotion of Science (JSPS), a considerable part of my work revolves around the methodological issues of comparison and recursivity. Comparison has been a central tool of anthropological research, but it has lost a lot of its appeal since the 1980s. At the same time, comparing people, things, medications or cultures has rapidly become a part of everyday life, not at least due to technological and scientific innovation. We have organized a session at the 4S Meeting in Tokyo in 2010, and two international symposiums (Traveling Comparisons 2009, Translational Movements 2012) to tackle with such important trafficking between anthropological methods and technosocial realities. The results of these explorations have been published in two special issues of the same titles in the journals of East Asian Science, Technology and Society (see here) and NatureCulture (see here), respectively.

.

Logic and Sensibility

2009~ (Keio University)

I have been affiliated with the Centre for Advanced Research on Logic and Sensibility (CARLS) at Keio University since 2009. This interdisciplinary program houses researchers of many different fields from neuroscience to philosophy, including the relatively small Anthropology Group. The aim of our work is to explore the manifold interactions between emotion and cognition and to invent theoretical frameworks that go beyond such reductions.

.

Anthropology and Ontology

2008~2011 (JSPS)

This project started in 2008 as an exploration into new modes of anthropological inquiry. Young researchers from different Japanese universities have participated covering fields such as economic and medical anthropology, STS and ritual studies. Influenced by the works of Marilyn Strathern, Bruno Latour and Alfred Gell, we looked at contemporary practices where concepts familiar to most anthropologists (gift, culture, performance, risk) are being transformed in the context of everyday life. We have compiled a volume in Japanese with the title Genjitsu Hihan no Jinruigaku (Anthropology as critique of reality) edited by Naoki Kasuga. You can read more about it in English in the journal HAU, here.